So-net無料ブログ作成

メトロポリターノと彼と私 [タンゴ]

毎年、コンペ前になると私は、いつもナーバスになる。
コンペに出たくないと言って、パートナーと喧嘩する。

それは、若いころやっていた社交ダンスで、コンペに出、痛いほど予選落ちを経験してきたからで、コンペがいやで、社交ダンスをやめたというのに、またコンペかい!!と言う感じで、、、
出る前から、落ちる時の想像をしている。私のトラウマなのだ。。。

でも、彼(パートナー)は違う。まったくのポジティブ思考で、こんなに、沢山の人達に自分達の踊りを観てもらえる機会はなかなかないのだからと、どんなに練習で私にグチグチと駄目だしをされ、喧嘩を売られても、喧嘩を買っても、出るのを辞めようとは絶対に言わない。

4年間こちらに住んで、出られるコンペはすべて出場してきた。
(と言う事は4年間いつもコンペ前は出たくない、と言っている私)

メトロポリターノはミロンガで予選を行うので、知り合いに観られるのが嬉しいが実は一番怖い。
2年前のミロンガ予選では、踊った後にチキ(ミロンゲーラ)が駆けて来て「コウジ、ミロンガはもっとトランキーロに踊らなきゃ駄目だ!!!」と怒られ、タンゴの決勝で入賞をはずした後にはカチョ(アミーゴ)に「アナ、もっとミロンゲーロと踊らなきゃ」とアドバイスされた。

今年の予選も場所はグリセールを選んだ。またチキに何か言われるのかなぁて考えるとまた緊張して、、、、でもチキはこの出場するという経験が大事なんだと言ってくれ、タンゴの予選通過を喜んでくれた。


私が、一番緊張したのはセミフィナルの2日目、前日タンゴを通過したので、もっと緊張なしで行けばいいものを、、、ミロンガは苦手で、オーーーーーーーー、めちゃめちゃミスをしてしまった。
それなのに、ミロンガ、ワルツ共にファイナルへ通過させていただき、、、その日の記念写真は、もう複雑な表情そのもので写ってました。。。

この日もネネさん(ミロンゲーロ)に「ネルビオーサ(緊張)はどっかのカジェ(道端)において来い!」とたしなめられました。


そして最終日。
フィナルはカジェにおいていきました。緊張を。
おかげさまで楽しく踊ることができました。
(緊張してもしなくても、今の自分達に出きる踊りはこれしかないですものね。ありのままを観てもらうしかないし。)

何だかんだと私に言われながらも、フィナルまで導いてくれた彼に感謝です。
ラウンドを進めるごとに、沢山の友人たちに、励まされ、アドバイスをもらい、いつも新しいことが発見できました。
タンゴは、4年前と比べると何か自分達の踊るタンゴというものが、見えたような気がします。
また、良い経験が出来ました。


応援してくださった、すべての皆様に感謝をこめて、ありがとうございます。

次回からは緊張と喧嘩なし、で行ければ良いのですが、、、

A型だからしょうがないのかな!

いい加減慣れろよ!!!セニョール部門に出る歳のくせに!
(と自分に突っ込みをいれ)

また、彼と二人がんばります。

Ana



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。